AIにできること、そして医療 (沖山 翔)

初めまして。沖山と申します。
医師で、今は AI 医療機器の開発をしています。

『 現場で感じた医療課題を解決したい。』

この想いから起業をしました。
会社を作ったのは去年の11月だったのですが、情報公開がまだでクローズドな状態でした。ようやくチームの顔ぶれや、内容もお伝えできるようになりました。「アイリス (Aillis) 」と言う会社です。

スペシャリストとジェネラリスト

私の専門は救急医療です。
救急医は、浅く広く、いろんな病気に対応します。それが自分たちのアイデンティティです。
でもそれは裏から見れば、「どの病気でも、そのスペシャリストには敵わない」とも言えます。
浅く広いジェネラリストと、狭く深いスペシャリスト
もちろん、両方が必要です。

30ある診療科、本当はすべてのスペシャリストがみんな揃っているのが理想です。でも、その体制にあるのは大学病院くらいです。

夜の病院には医師が一人しかいないことも珍しくありません。
その晩の当直医が「彼」でなく、たまたま「その病気の専門家」であったら助かったはずの命は、数知れません。
(もちろん必要に応じて専門医のいる病院へ転院しますが、間に合わないこともあります。)

他人事のように書きましたが、私自身もそのような現場の当事者でした。
「もし自分が大動脈解離の専門家で、この場で手術ができていたら。」
「もし自分が稀な難病の専門家で、その場で診断がついていたら。」

救急医として、自分が主治医でありながら命を救えなかった患者さんの数は、100人では足りません。
たら、れば、が許されるのであれば、もし私が「その患者・その病気」の専門家であれば、救命できていた方は少なくないと思います。

「専門家として深い診療ができること」 そして 「病気を幅広く網羅すること」

この2つは、両立しない医療の大きなジレンマです

この問題とどう向き合うか。
これは解決可能な問題なのか。

人工知能 (AI) との関連を考えるため、すこし視点を変えてみます。

WRITER 沖山翔

MEDIA note

 

 

コメントを残す