“転んでもただでは転ばない”柴田綾子先生② /未来を描く30人の医師のライフストーリー

医療4.0に登場する未来を描く30人の医師のライフストーリーに迫る”医療4.0×医師ラボ“企画。今回はLINEボット「ラッコの妊娠相談室」を運営する柴田綾子先生にその半生を語っていただきました。今回は第2話、柴田先生の考える“キャリア”などについての話です。

(第1話 産婦人科医になるまでの話はこちら)

(この記事は8/19に行われた医師ラボ朝活の内容の一部を記事にしたものです)

柴田 綾子(しばた あやこ)

「ラッコの妊娠相談室」運営、淀川キリスト教病院産婦人科

名古屋大学情報文化学部卒。2006年、群馬大学医学部に3年次編入。沖縄県立中部病院での初期研修を経て、2013年より淀川キリスト教病院(大阪市東淀川区)産婦人科に勤務。産婦人科専門医。共著に、『女性の救急外来 ただいま診断中!』(中外医学社、2017年)。

キャリアの考え方

もともと医学生の頃はキャリアってこんなイメージでした。
ちょっとずつ積み上げていって、今までの自分の経験が役に立ち、繋がっていくみたいなキャリア。

でも今の自分のキャリアのイメージはこんな感じです。

要は積みあがってなくてもいいんです。
自分の関心領域を並べたときに、うまくリンクしたり、相互作用がうまくいくようにしたりしていくと、後々、これがうまくシナジーを生んだりします。

だから自分はあえてキャリアを一本線にしたり積み上げていったりすることを考えずに、自分が今やってることと関連する領域、自分の職業と関連するものはとりあえず足を踏み入れる。そうすれば後で繋がってくるんじゃないかという思いでやっています。

でも、キャリアを考える時、やりたいことがわからないってなりますよね。
これは、カナダのトロントの会社が日本人の生きがいとは何なのかを図式化したものです。

結局は自分のやりたいことと社会が求めるもの、ですね。あとは自分が得意なもの

要は自分がやりたいことの中にも、自分が得意なものと不得意なものがあるんですけど、そういうのが重なってるところでやるのがいいですよね、ってことがこの図に示されています。
自分を探すというよりも自分を分析するというキャリアになるので、自分を探すためにわざわざ旅行に行かなくてもいいんです。

自分が何を好きなのかとか、社会的に何が求められているのか、あとは何がお金になるのか。そこらへんがうまくマッチしたところで自分のポジションを作っていこうと戦略を練ります。

さらに高度なことで、医学生以上の方向けなのですが、
100万分の1の人材になるにはどうしたらいいのか、についてです。

これは、藤原和博さんの「キャリアの大三角形を作ろう」という図です。


1つの領域の中で一番になるなら99人くらい抜かないといけませんが、2つの領域に精通している人になると一気に人が少なくなるんです。
なので20代までに自分が得意な領域を1つ作って、30代になったらもう1つ得意な領域を作ると、一気にライバルが減ります。

自分もここまでは意識していましたが、この図は3歩目を踏み出した先に試行錯誤しろと言ってます。
要はジャブをうってみて、どこがいいかをうまく確かめろってことです。
3歩目をどれだけ遠くに踏み出せるかどうかでそのあとのキャリアの大きさが決まりますよ、と藤原さんはおっしゃっています。
だから私は、いろんなところで試行錯誤したり失敗したりするのってありだと思っています。

私は結構これを意識してやってて、それぞれある程度のところまで(全部中途半端だったらうまくいかないので)レベルを高めて、いろんなところにジャブをうってみて、ここは無理かなって思ったらすぐひっこめるということをやっています。

6番の図では、信頼がこれからの社会、いちばんの価値になると言っています。
職業としていくものって、社会的に信用されてないと結局はお金にならないんですよね。
キャリアの中で社会的に信用を積み上げていけたものが、結局はお金とか職業に代わっていくのです。

研修医に必要なこと


挨拶・返事・礼儀・5分前行動。空気を読む力。体力、どこでも寝れる。フットワーク。要領・愛嬌。で、最後に知識。
これだけです!(笑)
これ、柴田ピラミッドっていいます。

研修医に必要なのは知識とか技術ではないと初期研修で学びました。

2年間で勉強できることって、本当にそんなに大したことじゃないと思うんですよね。

どういう風に自分が仕事するか、自分がどういう風に勉強を続けていくか、医療や患者さんとどう向き合うかというところを2年間で作り上げていくことになるので、結局この下の土台がしっかりしてればどこの病院で研修してもうまくいきます。なので、初期の2年間で超有名病院に行く必要は全然ないかなと思いますよ。

ただこの土台がしっかりしてなかったら、全然伸びないと思うので、自分がどういうふうに働いていくかって言うのを初期研修の2年間で、うまく上の人から吸収していってほしいなと思っています。

稼働力はどこから?

マルチタスクをやって、先読みをして、仕事をどのレベルで(結局、医療ってどこまでやってもきりがないので)どのレベルで自分は終わらせるかっていうのをいつも考えています。なので優先順位をいつでもたてています
例えば重症の患者さんは朝見る、とか上級医の先生に方針を確認するのを朝早くするとか。

あとは、漏れがないようにTODOリストを作るのと、勉強とかSNSもそうですが、細切れの時間をどれだけうまくつくるか、ですね。

そしてキャパを管理してちゃんと休むこと
頑張りすぎたら続かないので、続けるためには自分のキャパを適切に自分が把握しておかないといけません。
無理なときは無理って言ってちゃんと休むのが大事かな。

自分は患者が増えすぎて無理だったら上級医の先生にすぐ「先生、これ以上無理です」って言うし、自分の仕事量もこれ以上無理だと思ったらイベントは月に2回しか無理みたいな感じでキャパを管理しています。
キャパを越えてしまったらそのあとに疲れが来て結局ずーっと同じ仕事ができないので、そういうところを自分自身でちゃんと意識してできてるかどうかだと思います。

 

今日のまとめとして、自分は、ユニークであること、そのために自分のポジションを社会のニーズと自分のやりたいこと、自分が得意なことを分析してそこの中で作っていくこと。そして、ちゃんと“信頼”というのを意識して、たとえば言動とかも管理して、その信頼が結局は職業とかお金に繋がっていくと意識して動いています。

私は、今ほど自由な時代はないと思っています。
5060年前とかは戦争で、医者ですら戦場に行かないといけなかった時代だったけど、今は職業も選べるし、行ける病院働ける病院働く科も自由だし、できることもすごいあるし、少し前に比べたら圧倒的に自由な時代になってるってことを意識して、みんなと同じ中でやっていかなくてもいいと思ってます。

医療技術の発達に伴い、女性医療もどんどん進化しています!続きはこちらから→http://media.antaa.jp/lifestory-shibataayako3/

 

<文=松崎香子>

コメントを残す