“好きなことを仕事にする掛け算の法則”原正彦先生②/未来を描く30人の医師のライフストーリー

医療4.0に登場する未来を描く30人の医師のルーツと半生、その生き方に迫る”医療4.0×医師ラボ“企画。第7回目は原正彦先生にその半生を語っていただきました。今回は第2話、やりたいことを仕事にする掛け算の法則についてお届けします。

(この記事は9/22に行われた医師ラボ朝活vol.7の内容の一部を記事にしたものです)

一般社会法人日本臨床研究学会代表理事、株式会社mediVR代表取締役社長、循環器内科医

2005年島根大学医学部卒。米国心臓病学会から世界の若手トップ5に3度選出された知識と経験を生かし、臨床研究から産学連携まで幅広く活躍。代表を務める株式会社mediVRは、経済産業省主催のジャパンヘルスケアビジネスコンテスト2018でグランプリ受賞。

キャリアパスについて

次はキャリアについて話そうと思います。まずキャリアとは何かということからですね。wikipediaには職歴とか経歴、身につけた能力という風に書いてあります。

キャリアパスをどうするかという時に、殆どの人は最終的なゴールを設定して進んで行くという手法を取っています。これは一つの方法かなとは思うのですが、僕の場合は結構行き当たりばったりでして。

大学では地域医療に興味がありジェネラリストになりたかったんです。なので神戸赤十字病院にいき、やっているうちに循環器も面白そうだなと思い、ピボットしました。その循環器をやっている中で臨床研究も面白いということで、循環器領域で臨床研究にピボットしました。

自分でそういったことができるようになったら、循環器のドクターへの教育をやってみようということになって。親が教師なのもありますが教えることが好きなんです。そのうちに循環器のドクターだけに教えているよりも、いろんな領域のドクターのサポートをした方が面白いなと思い、今は多診療科の方にシフトしています。

研究で書いた論文の18編の9編くらいは循環器関連なんですが、整形外科、腎臓内科、脳外科や血液内科など、様々な診療科の研究を手伝ったりもしています。

さらに今度は、それを現場に届けるのも面白いと思い、産学連携にピボットしました。論文だけ書いていても現場は変わらないので今度は現場を変えていこうと。

つまり、やりたいことに従ってピボットしてきたということです。あまり目標などは設定せずに、その時一番何が楽しいかと考えて、それに従ってキャリアを積んできたということです。そこが明確な目標を定めて進む一般的なキャリアパスと違うところですね。

希少価値を高めレアカードになる

その中で戦略的に自分の価値を高めていくというのは意識していました。どういうことかというと、ジェネラリストという目標に向かってやって来たので、割と何でもできるんですね。しかしそれだと何でもやらされてしまって、自分のやりたいことに集中できないんです。

自分のやりたいことに集中するためには自分にしかできない特殊なことをできた方がいい。それは明確に思いました。つまり希少価値ですね。その希少性は給料に反映されたり、自分の好きなことができる、ということに反映されるんです。僕しかできない仕事があったら、僕がどれだけわがままを言っても経営者としては首は切れない。

キャリアを形成していく中で、自分にしかできないことを能力としてつけていくというのは意識的にしていったほうが良いと思います。競合を排除して自己ブランディングしていく。例えばイチローが大リーグのヒットで世界一になりましたが、大リーグはそれまでホームランという評価軸しかなかったんです。ヒットという新しい評価軸を持ってきて、そこで1番になる。そこでなら1番になれる、というアプローチだったんじゃないかと思います。他の人とちょっと違う軸で攻める、それを僕は自己ブランディングと呼んでいます。

具体的にいうと、アカデミアでもビジネスでも自分は一万分の一くらいの人にはなっていると自分で思うのですが、それにはコツがあります。

ある一つのスキルで一万分の一、つまり上位0.01%になろうとすると、とても難しい。

そうではなくて、能力の組み合わせによる掛け算で一万分の一になればいい

例えば循環器内科の人でトップ10%になる、これは努力すればできます。トップ10%ならいけそうですよね。

そして英語能力でも10%になる、これもなんとかいけそうですよね。そして臨床研究でも上位10%、統計でも上位10%に入ると、0.1の四乗で一万分の一になれる。

医者に年間九千人くらいなれるとすると、だいたい一万分の一で、その学年のトップなので、自分のわがままが通る状況をつくり出せます。

よく有名な人の自叙伝を読むと、点と点が線でつながるということが書いてあります。僕なりの解釈としてはこの掛け算というのが機能しているのだと思います。一つの点というのが上位10%の専門性のことで、それらが繋がり線になるということです。

そして上位10%位に入るには努力が必要です。これを目指してスキルを身につけていくと、ある程度自信や成功体験がついてきます。だから10%を目指す掛け算というのは自信をうまくつけることにも繋がります。そして自信がある人というのは、ものすごく強い。

だから、とにかく目の前の仕事を一生懸命やりましょう。僕も目の前の事を一生懸命やっていたから10%が沢山できて、それが組み合わさって自分の主張が通る環境に入ることができました。

好きなことを、戦略的にやることが大事です。

原正彦先生の”不安を克服し、ワークライフインテグレーションの時代へ”:この続きは近日公開です!

 

〈 文 = 江崎 聖桜 〉

コメントを残す