医学部再受験生の結婚

医学部に入り直したら結婚はどうするの?

再受験生であれば男女ともによく聞かれる質問です。

彼らは結婚についてどう考えているのでしょうか。

そして実際のところはどうなのでしょうか?

知られざる再受験生の結婚事情に迫ります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


1、学生時代に付き合って結婚


在学中に運命の相手を見つけ結婚するパターンです。

多いのは学内で付き合って結婚のパターン。

女性の再受験生が、学内の先輩と結婚することが多いようです。

ちなみに学内同士で結婚すると、奨学金をもらえる大学もあります。

学費の高い私立大学だと、この奨学金はかなり嬉しいです。

中には奨学金を狙って、学内婚活に勤しむ人も?!

また女性の再受験生は、卒業した先輩や、社会人と付き合って結婚することも多いです。

相手が社会人だと生活費を出してもらえるので、女性にとっては嬉しいですよね。

逆に男性が社会人の彼女と結婚すると、色々と申し訳なさを感じて辛いそうですが笑。 



2、入学前から付き合っている人と結婚


大学に入る前からつきあっている場合、結婚について話し合っていることが多いです。

大学に受かれば結婚する、学校生活が落ち着けば結婚する、病院実習がはじまる前に結婚する、などなど。

僕の友人も、学生中に結婚するため、副業でお金を貯めているそうです。

しかし学生と社会人の生活は、すれ違うことが多いのが現実。

大学での生活に浮かれ、相手に愛想をつかされてしまい、別れてしまうカップルもいるようです。

 


3、すでに結婚している


入学前から結婚している人も結構多い印象です。

このパターンは男性が多いですね。だいたい30代か40代。

子供がいる人も多くて、子育てしながら忙しい医学部生活もこなします。

Facebookを覗くと、二十歳の同級生との飲み会の写真の次に子供との写真が出てきたりして、違和感がすごいです笑。

家族を養いながら医学部に通っているということはつまり、何かしら普通ではない人やすごい人もちらほらいます。

例えば

・会社のオーナー

・現役で会社を経営しながら医学部に通っている

・親が資産家で学費から奥さん子供を含めた生活費まで払ってもらっている

・奥さんがかなりの稼ぎ手で養ってもらっている

・前職で死ぬほど稼ぎ貯金がある

など様々な人がいます。

しかし一般的には奨学金をもらい、アルバイトを必死にこなし、生活を切り詰めて医学部に通っている人が多数です。


4、結婚しなくいいと思っている、または何も考えていない。


女性の中にはもし結婚できなければそれでもいい、またはもとから結婚しなくていいと考える人もいます。
医師免許を手に入れれば自分で稼ぐことができ、結婚しなくても暮らしていけます。

結婚しなくてもいいという女医さんがそれなりにいるのはこういった理由からなのかもしれません。

一方、男性は結婚についてあまり何も考えてない人も多いです。

それは、医者になってしまえば、何歳でも割と簡単に結婚できると考えていて、焦りがないからです。

在学中は勉強に励み、医者になってから結婚できればいいやと思っているようです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このように再受験生で在学中に結婚する人というのは一定数存在します。

しかし学生中に結婚するというのは、現実的に考えれば考えるほど、たくさんの障壁が見えてくるものです。

金銭的な問題だけでなく、子供の問題、家族どうしの問題などたくさんあります。

しかし、お互いの信頼関係と覚悟があればそれらの障壁も乗り越えられると思います。

実際、学生中に結婚してなんとかやっている人がたくさんいます。

再受験生で将来を心配している人は、前例となる話をたくさん聞き、諦めず頑張って欲しいと思います。

コメントを残す