医学部再受験生の副業

再受験で入学してくる人の中には、これまでの経験を生かして、副業をしている人がいます。

(飲食店や塾講師などの所謂普通のアルバイトを除く)
では一体どんな副業をしているのでしょうか。

僕の知っている範囲で紹介していきます。

 

1、弁護士
もともと弁護士として働いていて再受験をしたパターン。
独立していた方なのですが、オーナーとして事務所の仕事の大部分は部下に任せ、医学部に通っています。
医師と弁護士のダブルライセンスかっこよすぎますね。

2、テレビ番組の制作・編集
以前は某テレビ局の番組制作をして働いていたそうです。

そして現在も番組制作の一部を手伝っているのだとか。

たまに取材にも行くらしく、土日は忙しく働いていることが多いそうです。

3、国会議員秘書
サンジャポなどによく出演していた吉田たかよしさんは医学部再受験組ですが、医学部時代、国会議員の秘書をされていたそうです。
秘書の仕事は常につきっきりというイメージでしたが、そんなことも可能なんですね。

4、歯医者
もともと歯科医師をしていて医学部に入り直したパターンです。
歯について突き詰めて勉強していくと次第に顔の骨に興味を持ち、その後全身の骨のことが気になってしょうがなくなり、医学部に入ることを決めたそうです。

彼はいくつもの歯科医院を経営し、夜に臨床もしながら医学部に通っています。

5、再受験オンラインコーチング
医学部再受験を目指す人に対して、自身の経験を生かして勉強の目標設定や進渉管理などのコーチングを行う事業を始めた人がいます。

自分の経験をうまく生かす&今までなかったサービスなので、生徒も集まりうまくいっているようです。

この他にも様々な副業をしている再受験生がいます。

そういう人はバイタリティがあり経験豊富な人が多くておもしろいです。
忙しい医学部に通いながらも、本人次第でいろんなことができるのだと勇気づけられますね。
医学の勉強以外にも何かしてみたいという再受験生の方はぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す